Top>3火山による変化>1滋賀の大火山活動時代>湖東流紋岩(1)

「湖東流紋岩(ことうりゅうもんがん)」ってどんな石?

[ここをクリックでもどる]

各地の湖東流紋岩類(ことうりゅうもんがんるい)とよばれる岩石を観察しよう[写真をクリックで拡大]

湖東流紋岩類ことうりゅうもんがんるいめぐり

近江八幡や東近江市などの湖東地域の山は、湖東流紋岩類(ことうりゅうもんがんるい)とよばれる岩石でできています。湖東地域では、どこにでもあるごくふつうの石ですが、この地域に特有の岩石です。(この地域の流紋岩(りゅうもんがん)、流紋岩質の溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)、花崗斑岩(かこうはんがん)などをまとめて湖東流紋岩類とよんでいます)

日杉山(近江八幡)

小中竜石山(安土)

民家の石垣(沖島)

大滝神社(多賀)

この湖東流紋岩は、歴史で有名なあるものにも使われてるそうだ。わかりますか?

[ここをクリックで次へ]