Top>2地震による大地の変化>2滋賀県内の地震被害>3姉川地震(1)

県内が震源の大地震「姉川地震」

[ここをクリックでもどる]

100年前に滋賀県を震源としておきた大地震の様子を見てみよう[写真をクリックで拡大]

姉川地震あねがわじしん被害写真ひがいしゃしん(東浅井郡・現長浜市内)

発生日時:1909年(明治42年)8月14日午後3時31分頃/震源地:東浅井郡東草野村(現米原市)

古保利尋常小学校 虎姫村三川(三川町)の民家 虎姫村酢(酢町)の民家 詳細不明(東浅井郡内)
湯田村称名寺 詳細不明(湖北町) 大郷村曽根(曽根町)の民家 田根小学校(田根町)

今から100年以上前の明治42年8月14日に東草野村(今の米原市)を震源(しんげん)として発生。マグニチュードは6.9で、内陸直下型の地震としては国内最大級の大きさでした。

震源地(しんげんち)付近の被害(ひがい)は少なかったのですが、東浅井郡内の被害が大きく、湯田(ゆた)村尊勝寺(そんしょうじ)(今の長浜市尊勝寺町)では全家屋の83%、速水(はやみ)村(今の長浜市湖北町速水)では、63%が全壊(ぜんかい)しました。

[ここをクリックで次へ](くわしい説明)