Top>3火山による変化>1滋賀の大火山活動時代>火砕流ってなに?(1)

「火砕流(かさいりゅう)」ってなに?

[ここをクリックでもどる]

実際におこった火砕流のようすを見てみよう。

1990年から噴火の雲仙普賢岳うんぜんふげんだけで発生した大火砕流かさいりゅう

出典:「雲仙・普賢岳噴火災害を体験して」NPO法人島原普賢会
撮影:古瀬孝一/画像使用許諾整理番号045

火山がふん火すると、ふん出した軽石や土砂、火山灰などが、高温の火山ガスと一体になって高速で流れ出すことがあります。これを火砕流(かさいりゅう)とよびます。

近年では、1991年(平成3年)6月3日に長崎県の雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)で大火砕流(かさいりゅう)が発生し、43名もの人が死亡しました。(右の写真は平成3年9月27日の火砕流)

火砕流は、数百度~千度ときわめて高温で、時速100~150kmというもうれつなスピードで一気に流れ下るため、発生してからひなんするのは大変難しく、ふん火にともなう最も危険な現象です。

かつて、滋賀の大地で、これをはるかに上回るきぼの大火砕流が、起こっていたのです。

[ここをクリックで次へ]